FC2ブログ

風まち通信

国内を旅して出会った町並みや建築、そして建築家の人たちのことなどをお伝えしていきたいと思います

2018-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔町百景-集落を歩く- 「岩村」   第5回

  「岩村」            
     東濃の城下町              岐阜県恵那市
     ★重要伝統的建造物群保存地区

     岩村のなまこ壁


 岩村は東濃の一角に位置する城下町である。信州と三河、尾張に通じる平谷
街道沿いと岩村川沿いに古い家並みが並んでいる。
 ここは、戦国時代には武田軍と織田軍が激しい戦いを繰り返した「東濃十八場
攻防」の戦地でのある。岩村城主・遠山景任没後、信長の叔母「しゅりの方」が
女城主となったが、これが武田方の秋山晴近と結婚、信長の怒りを買って岩村
城は陥落し、しゅりの方は捕らえられて処刑された。
 現在の町並みは関ケ原の戦い以後に、ここに入った松平家乗が築いたもの。
岩村川の北側に武家屋敷、南側に町人町が作られ、平谷街道沿いに、職人町
の上町、問屋町の中町、商人町の下町が作られた。そのうちの商人町が今の町
並みの中心である。150軒弱の家の1/3ほどが江戸期の建物だという。
 一筋道の集落は緩い坂道で、道路は何故か赤っぽい色が施されている。かつ
ての豪商・勝川家を覗くと、庭になまこ壁の見事な蔵が残されていて、思わず
「凄い!」。木村家の裏手のなまこ小路も良い。隣りの明智村(大正村)に比べて
地名度いま一つのためか団体客の姿も少ない。
 町並みの見事さは伝建地区だけあって明智に勝る。電柱が完廃されたら見事
に違いない。古い家並みの間には、レトロな近代洋風建築もポツリポツリあって楽
める。 資料館の高台にある資料館に登ると、緑風に包まれた集落が眺望できた。

:atelierM5/Ki
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://m5donai.blog36.fc2.com/tb.php/12-115c2482
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

m5donai

Author:m5donai
アトリエM5 のブログです
画像・文章の無断転載禁止です (C)atelier M5
このブログについて

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。