FC2ブログ

風まち通信

国内を旅して出会った町並みや建築、そして建築家の人たちのことなどをお伝えしていきたいと思います

2018-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔町百景-集落を歩く- 「勝山」 第10回

 「勝山」

    簾揺れる緑蔭の城下町       岡山県真庭郡勝山町
  勝山


     勝山に着くと、こんな山間にこんな素敵な佇まいの町があったのか、
     と嬉しくなるような所である。勝山は、古くから旭川を利して岡山に
     物資を運ぶ舟運の町であった。江戸時代には、三浦藩2万5千石の
     城下町として栄えた。高台にある旦地域は武家屋敷地区で、「武家
     屋敷館(旧渡辺家)」などあって城下町時代の名残り見えるが、町
     の見所は旭川沿いの商家が軒を連ねている辺りで、白壁や連子窓
     が美しい。
     町の北側に酒蔵の辻本店がある。ここの一連の建物郡は他を圧す
     る見事なもので、特筆すべきは海鼠壁の土蔵である。蔵には見事な
     竜虎の鏝絵がある。新潟県長岡市の「サフラン酒の蔵」に次ぐ見事
     さに見えた。かつて鏝絵で知られる大分県の安心院町を歩き回った
     が、これほど見事なものに出会わなかった。
     町の家々には、モダンなデザインの暖簾がかかっている。町おこし
     の企画かと思えるが、それが集落全体を明るく洒落たものにしてい
     て、この町を忘れないものにしている。旭川の対岸からの眺めも良く、
     大観光地と化した倉敷あたりでは味わえない豊かな旅情を与えてく
     れる町である。


     atelier M5/Ki     
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://m5donai.blog36.fc2.com/tb.php/25-00c681fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

m5donai

Author:m5donai
アトリエM5 のブログです
画像・文章の無断転載禁止です (C)atelier M5
このブログについて

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。