fc2ブログ

昔町百景 -第34回-

片雲の風に誘われて  -異形の旅へ-

「 鮭立磨崖仏 」  福島県大沼郡金山町・鮭立地区

            さけだちまがいぶつ

鮭立摩崖仏・金山町2202003_300
鮭立磨崖仏(さけだちまがいぶつ)  / 福島県大沼郡金山町・鮭立地区  / 町指定文化財


会津地方唯一の磨崖群像である。

この磨崖仏は天明の大飢饉(1782~1788/江戸時代)による悲惨な被害状況を見て止住していた修験者・法印宥尊が発願し五穀豊穣と疫病撲滅を祈って制作に着手。
後を継いだ僧・法印賢誉が完成させたといわれる。

向かって右側が古く、風化が進んでいるが残った色から完成当時の美しさが偲ばれる。
第三期層凝灰石に彫られている51体の尊像の像高は約16cm~60cmの厚肉彫りである。
奥会津の高台に潜むわくわくする魅力的な摩崖仏である。


写真・文 宮本和義

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

m5donai

Author:m5donai
アトリエM5 のブログです
画像・文章の無断転載禁止です (C)atelier M5
このブログについて

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター