fc2ブログ

昔町百景 -第39回-

片風の風に誘われて  ー異形の旅へー


「 石の集落 」  栃木県宇都宮市徳次郎西根

石の集落・宇都宮市031_300栃木県宇都宮市徳次郎西根


現在の西根は20戸ほどの小集落で、石の家が並ばなければ特別意識するような景観ではなく、また、街道から少し下がった樹木などに覆われた位置にあるため、多くの車や人は気づかずに通過してしまう。
建物の多くは蔵や納屋だが、中には母屋が大谷石の家もある。

この材料の石は、集落背後の男抱山麓から切り出されたもので徳次郎石とも呼ばれる。

集落に石造りが現われたのは明治に入ってのことで、当時、集落が大火に見舞われた時に丁度大谷石の流通が盛んになっており、従来の防火建築であった漆喰造り(土蔵造り)より安価で手に入り易い大谷石が使われるようになった。

他には見ない石造民家集落で貴重な遺産として保護すべきであろう。


写真・文 宮本和義



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

m5donai

Author:m5donai
アトリエM5 のブログです
画像・文章の無断転載禁止です (C)atelier M5
このブログについて

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター